転職によって前の会社を辞めて転職をした場合には、勤続年数が少ないことにより借入を断られる可能性が大きくなります。

転職の際に不利になるは確かです。

転職してまだ間もないときや、転職するまでに期間が開いていると、返済能力や預金などの資産に余裕がないと考えられますので、借入を断られるようなケースもあるようです。

ですが、転職したからといってまったく借入ができないわけではありません。

転職も前の職場を止めてからすぐに転職できたというようでしたら、返済に問題無しというように判断することもあります。

前の職場より給与が上がっているような場合でも、返済能力アリと判断されることがありますので、借入ができるケースもあります。