カードローンは基本的に1年毎や5年毎の契約更新が行われます。契約更新は自動的に行われ、収入に大きな変化や利用期間中の金融事故が無ければ、不安に考えることはありません。しかし、自動契約更新だからといって安心してしまうのには注意が必要であり、更新の際に各種書類の提出を求められることがあります。

この際、提出が遅れたり、書類に不備があると契約が更新されないといったことになるため、契約更新のタイミングでは書類提出の有無を確認することが重要です。ですが、契約更新ができなかった際に最も恐ろしいことは、一括返済や代位弁済により金融事故となるケースです。

契約が満了となるため、基本的には一括での返済を求められることになります。ただし、年齢制限となり新規借り入れができなくなり、返済を継続するといったことは返済条件における契約が成立しているため、この点から外れます。そして、一括返済が可能なほど現金が手元に無いという場合は保証会社が代位弁済を行うこととなり、個人信用情報に代位弁済の情報が残ってしまいます。

結果、契約更新ができなかったカードローンだけでなく、クレジットカードや各種ローン契約にも影響が生じてしまうため、カードローンは日頃から注意して利用する必要があります。