消費者がすぐにお金を借りたいという場合、銀行カードローンと消費者金融のキャッシングというふたつのサービスからどちらかを選択することになります。

もちろん、カードローンやキャッシングのほかにも消費者がお金を借りる手段はあるのですが、手続きの簡単さや融資が行われるまでのスピードを考えると、すぐにお金を借りたいというときにはカードローンとキャッシングのどちらかのサービスを選択した方がいいからです。

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングは、そのサービス内容自体には特に大きな差はありません。どちらも消費者個人の信用力に対して融資が行われるという点では共通しているからです。

しかし、このふたつのサービスには大きな相違点があります。それは総量規制の対象外のサービスであるか、総量規制の対象であるサービスであるかという点です。銀行カードローンは総量規制の対象外なのに対して消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっています。

そのため、カードローンとキャッシングでは年収に応じた借入制限があるかないかという点が大きな違いとなっています。カードローンの場合、年収の三分の一を超える金額でもお金を借りられる可能性があるのに対して、キャッシングでは年収の三分の一までが借りられるお金の上限となっているのです。