キャッシングをするときには今では別に関係ない銀行のATMやコンビニのATMなどからできることもあります。しかし、基本的にはその業者の自動契約機などでキャッシングすることのほうがコスト的によいことが多いです。自動契約機となっていますが大抵は貸付もしてもらうことができますから、その点は心配することはないでしょう。

基本的には自動契約機であれば借入、返済に対する手数料をとっていないでしょうから、そうした意味においてコスト的によいわけです。さて、そもそもまずはカードを発行してもらう、ということになります。自動契約機にいって必要なものを聞いてみましょう。

まずは身分証がしっかりと持っていけばとりあえずは大丈夫です。さらに細かい書類を持っていくことになることもありますが、借入限度額がそんなに高くないのであれば収入証明が必要ないことも多いです。これは一社で50万円を超えること、複数社で100万円を超える場合、という条件があります。

但し、これは法律的にそのときには確認しないといけない、ということであり、それ以外のときでも確認するかどうかは業者の判断で可能ではあります。しかし、大抵は求められることはないですから、とりあえず身分証を持っていきましょう。