手軽にお金を借りられるサービスとして多くの人に知られているのが消費者金融のキャッシングですが、審査に通ったにもかかわらず自分の希望するだけの金額を借りられない場合もあります。総量規制の存在がその理由です。キャッシングは前述したように手軽にお金を借りられる点が大きな魅力ですが、軽い気持ちでお金を借りすぎてしまい多重債務や自己破産などの状況に陥ってしまう人もいます。

そのため、消費者がキャッシングなどを通じて自分の返済能力を大幅に超えた借金をしてしまわないように、消費者が借りられる上限を定めています。それが総量規制と呼ばれているものです。総量規制では消費者は自分の年収の三分の一を超える借金ができない決まりになっています。

そのため、キャッシングに申し込んだにもかかわらず自分の希望している金額を借りられないケースというものもあるのです。ただし、すべての借金が総量規制の対象となっているわけではありません。消費者金融やクレジット会社などの貸金業者からの借金が総量規制の対象となっているのです。

そのため、キャッシングでは自分の希望する金額が借りられないと思ったときには、銀行のカードローンに申し込んでみるようにしましょう。銀行のカードローンは総量規制の対象とはなってはいないので、審査の結果次第では自分の希望するだけの金額を借りられる可能性があるからです。