インターネットでキャッシングに関する情報を検索すると、『ブラックOK』や『債務整理中も融資』、『破産者でもOK』という紹介を目にします。では、実際に利用して良いかというと、答えは利用を絶対に避ける必要があります。例えば、任意整理中にどうしても現金が必要になったとしても、キャッシングの利用が発覚すると交渉が打ち切りになる可能性があります。そして、弁護士や司法書士からの信頼も失い、依頼を断られるというリスクがあります。

また、破産者OKとされていても、絶対に利用してはいけません。破産者とは、免責許可を受けていない状態であり、さまざまな権利が復権していません。そして、キャッシングがバレると免責許可自由に該当し、一生破産者と生き続けることになります。場合によっては、債権者から異議申し立てを受ける可能性もあり、財産が処分され、返済に充てる必要も出てしまいます。そのため、お金に困っているからといって安易に申し込むべきではありません。